久しぶりに熱。

風邪を引く、熱を出すってめっちゃイイ事

だと最近知りました。身体の毒素を燃やして

自然と排泄してくれる自然な作用。

だから私は反自然な薬は飲みません。

せっかく燃えて溶かした毒素を薬は固めて

しまうんです。だから一見治ったように

見えるのですが、毒素は固まったまま身体に

残ってしまいます。

私の父は製薬会社に務めていました。

家には沢山の薬がありました。

私は、小さい頃から薬の事を不思議に

思っていました。

お腹が痛い時も、頭が痛い時も、熱が出た

時も同じ薬で治るのはナゼなのか。

どうして、この粒は身体の痛い所を見分け

られるのだろう。

そんなセンサーがついてるようには

見えないし、何にでも効くハズなのに病院に

行くと大量の薬が出される。

私は子どもの頃、錠剤が飲めなくてよく、

飲んだフリして捨てていました。

でも治るんです。身体が受付けなかったんだと

思います。大きくなってからも抗生物質を

飲むとカンジダになってしまうようになり、

病院→抗生物質→カンジダ→産婦人科…

がセットになり嫌すぎて病院に行くのも

辞めました。妊娠、授乳期も薬を飲めない

ので、薬を飲む事はあまりなかったです。

熱は毒素を出してくれるチャンスなので

有難いと思うようになり、薬を飲んだり

冷やしたりする事なくじっと寝ています。

自然につくられた私たち人間には、

自然治癒力が備わっています。化学物質は

反自然です。化学物質は実は魂を曇らせて

しまいます。なるべく自然な物を口にし、

自然治癒力を高めて自然なままに生きたい

ですね。風邪で咳や鼻水、熱が出るって

身体から毒素を出せるチャンスで神様から

のプレゼントだと思ってます。



IMG_0336